アロマのお話│府中ブレインストレッチ整体/エム・アイ・エル

TEL:042-313-7258 
受付時間:10:00〜20:00

トップ > アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピーとは1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、芳香植物や果皮からとった精油を用いた芳香(アロマ)療法(テラピー)のことです。

抽出した精油(エッセンシャルオイル)の成分の効用を用いて、鼻から吸引することで成分を吸収したり、オイルマッサージによる皮膚組織から吸収させる方法、そしてヨーロッパでは精油を服用するメディカルアロマとしての活用法もあります。
エッセンシャルオイルは、樹木系、柑橘系、フローラル系、ハーブ系などに区分され、それぞれの成分により、使い分けをしていきます。

アロマリラクゼーションの適用

何かとストレスとなることの多い現代社会では、これまでの成人病や子供の成人病などに加え、心の病である心身症と診断を受ける人も急激に増加しています。
それらの原因をたどってみると、すべてストレスに対する反応が起因となっています。
また、心も含めた病気になって病院での治療を受けると、大量の薬の副作用に悩まされたり、局所治療での限界によって、心身の全体のバランスを崩して新たな病気の発症に苦しめられてしまっています。

このような現状の中、私達の医療の捉え方に変化が生じ、予防医学の概念が人々に浸透し始めています。病気になってから治療するのではなく、病気になる前に心身のバランスを整え、病気に対する耐性をつくり、予防をするという考え方になってきているようです。

ストレスにうまく適応するには、心身の「リラクセーション」と「生理的機能の総合的な促進」が求められます。

ストレスにうまく適応するには、心身の「リラクセーション」と「生理的機能の総合的な促進」が求められます。
そこで積極的に活用したいのがアロマテラピーです。
ただ心地いいだけではなく、エッセンシャルオイルの成分により恒常性機能が活性し、予防医学としての効果が注目されています。

症状別オイル活用法




ご予約は
  042-313-7258

でのご予約

    

東京都府中市
tel&fax:042-313-7258