症状別・子宮内膜症│府中ブレインストレッチ整体

エム・アイ・エル
TEL:042-313-7258 
受付時間:10:00〜20:00

トップ > 症状別 - 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、簡単にいうと子宮内膜やそれに類似した組織が子宮内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患です。

そういわれても、どういうものなのかなかなか分からいと思います。

症状としては、ひどくなるに従い、月経時に激しい痛みを伴います。卵巣のチョコレート嚢胞、不妊症も合併することも多く言われています。

痛みは生活レベルそのものを低下させてしまいます。

医師によっては、不治の病で治ることはないと言われますが、正しくケアをして体内環境を変えていけば、症状は改善されていきます。

経験から伝えたいこと

10代ではホルモンの分泌がまだ不安定な為、月経の周期の乱れや生理痛などが生じる場合があります。

私の10代もかなり不安定でした。20代になると頻繁に痛みが生じるようになり、鎮痛剤が手放せなくなりました。

痛みは次第に強くなり、市販の鎮痛薬では痛みをおさえることができなくなり、仕方なく婦人科の診療を受けるのですが、検査を受けてもホルモンバランスの乱れが原因で病気ではないと診断されて、鎮痛剤をわずかばかり処方されるにとどまっていました。

後に整骨院、気功、いくつかの婦人科医院を受診し、かなりの月日を費やして「子宮内膜症」の診断を受けましたが、結局治せる病ではなく、ホルモン療法、混合ワクチン、ピルの服用なども試しましたが、どれも効果がなく気が付けば常に身体が不快な状態で、月の半分は布団から離れることができない半病人の状態になっていました。

なにか特別なことを望んでいるわけではなく、普通に生活できる状態に戻したいと願い、医師へ方法はないかと訴えかけると、「鎮痛剤の服用、ホルモン療法、それでもだめなら摘出手術を受ける以外に方法はない。どれか好きなのを選びなさい。」と突き放され、絶望感に打ちひしがれた当時の心境をいまだに忘れることができません 。

それ以来、子宮内膜症に関しては医師を信用しなくなりました。通院は、ただ痛みをおさえるための薬を処方してもいたいだけなのに、毎月なんの改善もされないまま婦人科特有の診療台に乗るのも苦痛でした。

そんな折、松本先生と出会い、彼の言葉に救われました。
「治るよ。細胞は毎日再生している。たまたま悪い細胞が増えてしまったから病となっているけれど、これからは良い細胞が再生されるようにしていけば、病は治る。」
そう力強く話してくれた彼の言葉に対し、他に手段がないのだからダメ元と思い、言われたことを実践していくうちに、生理初日から3日間は6時間おきに服用していた鎮痛剤をまったく飲まずに過ごせるまで症状を抑えることができていました。

痛みはどんどんひどくなり、良くなることはないと西洋医学の医師は断言していましたが、身体にとってふさわしいことをしていけば、症状を抑えることはできるのです。

“身をもって体験したこの事実を、同じ悩みを抱えて痛みに絶望している女性にこの情報を伝えてあげたい。”

私が松本先生と一緒に仕事をしていく決意を固めた一番の理由でした。

改善へむけて

症状が緩和された理由の1つに、血流の緩和が挙げられます。
内膜症で激しい生理痛が伴うのは、普段からの血流の滞りが引き金になります。
運動して、身体を解し、更に血液の粘性を改善させる漢方を服用したことで、体内バランスが改善されて症状が緩和されました。
症状が進むにつれてこの3つの対応は必須になります。
府中ブレインストレッチ整体では、その方にとっての適切な運動と、リラクゼーション療法で体内環境を整えていきます。

症状別

ご予約は
  042-313-7258

でのご予約

    

東京都府中市
tel&fax:042-313-7258